投稿者:しな子

100万円の治療費が○○円に!?知らなきゃ損する「高額療養費制度」

kougakurilyouyouhi

 

もし、明日交通事故に合って、お医者さんに「治療の手術に100万円かかります!」と言われたら…。貯金がないから受けられません!というわけにはいかないですよね。

そんなときのためにあるのが、公的医療費保険の1つである高額療養費制度です。

 

「はじめて聞いた!」という方も少なくないのではないでしょうか?
知っておくと、いざというときに助かる制度なので、一緒に学んでいきましょう!
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

こんな⽅にオススメ

「高額療養費制度」によって治療費はいくらに抑えられるの?

急に治療費で大金が必要になったときが不安

 

 

高額療養制度ってなに?

 

「高額療養費制度」は、公的医療保険制度の1つで、医療費の自己負担が重くならないよう、

医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月で一定額を超えた場合、その超えた額を支給する制度です。

 

例えば!70歳未満で年収が約370万円~約770万円の人が、1ヵ月に100万円の医療費がかかった場合だと、なんと自己負担額は約9万円で済みます。

 

kougakurilyouyouhikeisannrei

 

 

しな子
しな子
実際に窓口で支払う金額-自己負担上限額=高額療養費として支給される額
なんですね!この上限額は決まっているんですか?
いえ!決まっているわけではありません。
自己負担上限額は年齢や所得によって異なります。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

実際の上限額って?

 

実際の自己負担上限額は、加入者の年齢や所得水準によって分けられます。

 

<70歳未満の方の場合>

年収約1,160万円~の方・・・・・・・・・・・・・252,600円+(医療費-842,000円)×1%

健保:標準報酬月額83万円以上

国保:年間所得901万円超

 

年収約770~約1,160万円の方・・・・・・・・・・167,400円+(医療費-558,000円)×1%

健保:標準報酬月額53万円~79万円

国保:年間所得600万円~901万円

 

年収約370~約770万円の方・・・・・・・・・・・80,100円+(医療費-267,000円)×1%

健保:標準報酬月額28万円~50万円

国保:年間所得210万円~600万円

 

~年収約370万円の方・・・・・・・・・・・・・・57,600円

健保:標準報酬月額26万円以下

国保:年間所得210万円以下

 

住民税非課税の方・・・・・・・・・・・・・・・・35,400円

 

70歳以上の場合、計算方法がもっと複雑なので厚生労働省のウェブサイトでチェックしてください!

 

 

また、1つの医療機関等での自己負担額が上限を超えなくても、同じ月に別の医療機関等での自己負担額を合算し、その合算額が上限額を超えれば、高額療養費の支給対象となります。

しかし、70歳未満の方の場合は別の医療機関等の自己負担額が21,000円以上でなければなりません。

 

しな子
しな子
この「医療費」ってどこまで対象になるんですか?
たとえば、入院時の食費とかも「治療費」に入るんですか…?

 

公的医療保険が適用される「医療費」が対象となります。
しかし、「食費」「居住費」「差額ベッド代」「先進医療にかかる費用」
などは、高額療養費の支給の対象とはされていないので注意が必要ですね。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

まとめ

 

しな子
しな子
わたしの今の生活では1ヵ月での医療費が上限を超えることはないですが、
もし何かがあったとしても、「高額療養制度」があると思えば、安心ですね!
知らないか・知っているかで、全然違いますからね。
知っておいて損はない制度なので、病院によく行くという方は
自分の医療費をチェックしてみましょう!
やまもとFP先生
やまもとFP先生
The following two tabs change content below.

しな子

総務部株式会社さくらインベスト
社会人2年目の23歳。保険・年金・資産運用などの金融知識については、まったくの初心者。“経済的に自立したカッコいい女性”になるために、金融リテラシーについて勉強中!

最新記事 by しな子 (全て見る)

当サイトは、当社の経営理念である「株式会社さくらインベストは投資に関する幅広い知識や高次元の技術を発信し、投資家の皆様の喜びに貢献できる企業を目指します」に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

当サイトは、当社の経営理念に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

今後非表示にする