ポリシー

個人情報保護方針

資料請求、及び本サイトを通じてお申し込みを頂く場合について、下記の規定をご理解いただいたものとさせていただきます。

個人情報保護方針


株式会社 さくらインベスト



株式会社 さくらインベスト(以下「当社」という)は、当社の事業に利用する個人情報(生存する個人に関する情報であり、特定の個人を識別することができるもの及び他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができる情報)及び個人に関する情報(事実に関する情報に限られず、個人の身体、財産、職種、肩書等の属性に関する判断や評価を表すすべての情報を含む)を適切に管理いたします。また取り扱う個人情報の正確性、安全性を確保することが、当社にとって重要な責務であると考えています。



そこで、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。


1、 個人情報の収集および利用目的について

当社はお客様の個人情報を不正な手段で取得したり、利用目的の範囲を超えて収集したりすることはありません。

お客さまの個人情報は当社によるご本人確認、口座開設の審査、受託契約の確認、商品やサービスのご案内、その他業務上必要な範囲で利用することとします。


2、 個人情報の種類および収集方法について

当社で収集する個人情報の種類は、お客様の氏名、住所、生年月日、電話番号、職業、年収、資産状況、家族、取引口座、締結目的、投資に関する知識やご経験等とします。

当社が収集した個人情報は個人情報保護に関する法律その他、関係法規で認められる場合を除き利用目的の範囲内で適切に利用することといたします。

なお、センシティブ情報(政治的見解、信教、労働組合への加盟、人種及び民族、門地及び本籍地、性生活、犯罪歴に関する情報)については、原則として、取得、利用又は第三者提供を行いません。


3、 個人情報の第三者への提供と開示について

お客様の個人情報は以下の場合を除き、第三者へ提供または開示することはありません。

◦お客様が同意されている場合

◦法令、各取引所、自主規制団体の諸規定に基づき、必要と判断される場合

◦人命、身体または財産を保護する目的でありご本人の同意を得ることが困難な状況である場合。

◦国の機関、当社業務に係る主務官庁その他の関係機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けたものが法令で定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合。

◦営業譲渡、会社分割、合併等により、対象資産の一部として個人データが引き継がれる場合

◦業務の一部、もしくは全部につき、守秘義務を明記した契約に基づいて業務委託等を行う場合

◦所得税法第234条第1項等に基づき税務当局が行う質問検査及び国税犯則取締法第1条等に基づき収税官吏又は徴税吏員の行う犯則事件の任意調査に応じる場合

◦刑事訴訟法第197条に基づく捜査関係事項照会に応じる場合

◦犯罪による収益の移転防止に関する法律第9条第1項に基づき疑わしい取引を届け出る場合

◦金融商品取引法第210条、第211条等に基づく証券取引等監視委員会の職員による犯則事件の調査に応じる場合

◦弁護士法第23条の2第2項に基づく弁護士会の照会に応じる場合


4、個人情報の管理について

お客様に関する情報は、正確かつ最新の内容を保つように努めます。

またこれらの情報への不正アクセス、紛失、漏洩を防止するため、合理的で安全な必要的処置を講じます。


5、個人情報保護方針の変更について

当社では、お客様に関する情報の保護を徹底するため、個人情報保護方針の継続的改善の観点から、本方針を必要に応じて更新することがございます。なお、利用目的につきましては合理的範囲を超えて変更することはございません。また、本方針を更新した場合には直ちに当社ホームページ上で公表するものとします。


6、個人情報の開示、訂正、利用の停止、削除について

お客様より、当社に提供されたご自身に関する情報の開示、訂正、利用の停止、削除依頼があった場合は、依頼主がご本人様であることを、確認したうえで、業務上特別な理由のない限り、合理的な範囲内で対応させていただきます。これらに関するお問い合わせは、以下までお申し出ください。



7、個人情報に関するお問い合わせ窓口

株式会社 さくらインベスト

コンプライアンス部

お問い合わせTEL   (F)0120-656-115

リスクについて

店頭金融派生商品(CFD)取引のリスク等重要事項について

1 店頭金融派生商品(CFD)取引(以下、「CFD取引」といいます。)は、預託する証拠金の元本や取引による利益が保証されるものではなく、取引対象である銘柄の価格の変動により損失が生じることがあります。さらに、取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。


2 CFD取引についての手数料は、当社所定の手数料が発生します。ただし、損切り時における手数料は無料です。(対面取引のみ)また、お客様の取引規模、頻度等の契約内容により取引手数料の額は変動することがあります。


3 建玉(ポジション)を決済せずロールオーバーした(翌営業日に持ち越す)場合、<現物CFD取引>においては、日歩(金利)が発生します。


4 CFD取引は、すべて日本円での決済となりますので、外貨建て銘柄のお取引は、為替レートの変動に影響を受けます。(証拠金自体は、為替の変動の影響を受けません。)


5 お客様と当社との取引は店頭相対取引であり、当社が提示する買値(ASK)・売値(BID)にて取引を行っていただくものです。したがって、当社CFDの価格は、原資産の市場価格とは異なります。


6 CFD取引は、取引対象となる現物市場、商品市場、外国為替市場等の変動等により損失を被るリスクがあります。


7 お客様の有効証拠金(預り証拠金に、値洗損益金を加減した金額)が証拠金使用率の所定の水準に達したときは、損失を被った状態で建玉(ポジション)がストップアウト(ロスカット)されることがあります。また、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。


8 損失を限定させる目的で行われる逆指値注文は、基準となる逆指値に達した場合に成行発注されるものであり、逆指値された価格から大きく乖離した価格で約定する可能性、またいかなる価格でも約定できず損失が拡大する可能性があります。


9 市場の急変や、特殊な状況下(天変地変、戦争、テロ、政変、為替管理政策の変更など)においては、レートの提示が困難となる可能性があり、その為お客様のお取引が困難または不可能となる可能性があります。また、取引に異常が生じた時、またはその可能性がある時は、リスク管理に必要と認められる証拠金額の引き上げ等の規制措置を講じる場合があります。


10 システムの不具合(お客様、当社、カバー取引先、通信会社、通信機器等の不具合など)により、一時的又一定期間にわたって注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。


11 お客様の有効証拠金(預り証拠金に、値洗損益金を加減した金額)が必要証拠金の25%を下回ると、それ以上の損失の拡大を防ぐため、その時点で保有している未決済ポジションの全部または一部が反対売買により自動決済されることがあります。


12 当社は市場リスクヘッジの目的からStandard Bullion Holdings Limited にカバー取引を行っております。

取引先

スタンダード・ビリオン・ホールディングス・リミテッド

(Standard Bullion Holdings Limited)

業務内容:商品先物取引業、金融商品取引業

監督当局:「証券先物委員会(Securities and Futures Commission)」

及び「香港金融管理局(Hong Kong Monetary Authority)」

商号または名称:インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社

業務内容:商品先物取引業者、金融商品取引業者

PAGE TOP