セミナー講師紹介

過去のセミナー講師のご紹介

    • #
    • 相場 師朗(あいば しろう)

      国内外金融機関のトレーダー、ファンドマネージャを経て、現在は自己資産の運用に専念。個人投資家の目線に立った現役トレーダー。トレード歴は30年。


    • #
    • 赤間 憲明(あかま のりゆき)

      1977年、明治大学法学部法律学科卒業。IFTA検定国際テクニカルアナリスト(MFTA)、日本テクニカルアナリスト協会検定会員。日本証券新聞社経済部長、証券部長、編集主幹、取締役編集局長を経て01年に株式新聞社へ。モーニングスター(株)、編集委員、論説委員を歴任。現在、証券ジャーナリスト。主著に「実戦!株式チャート入門―売り時、買い時がズバリわかる」(実業之日本社)。90年以降、商品先物市場の取材に範囲を広げ、東京商品取引所のTGA資格試験制度担当講師(テクニカルアナリシス分野)も歴任。


    • #
    • 池水 雄一(いけみず ゆういち)

      池水 雄一(いけみず ゆういち)。スタンダードバンク東京支店支店長。これまで一過して貴金属ディーリングに従事し、世界各国の貴金属ディーラーでBruce(池水氏のディーラー名)の名を知らない人はいない。


    • #
    • 植木 靖男(うえき やすお)株式評論家

      慶応義塾大学経済学部卒業後、日興証券(現在は日興コーディアル証券)に入社。以来、調査部門や株式本部などに所属し、講演会の講師としても活躍している。


    • #
    • 大橋 ひろこ(おおはし ひろこ)

      フリーアナウンサー。

      ラジオ NIKKEI でレギュラーキャスターを務めるかたわら、YMTVの準専属キャスターとして出演中。


    • #
    • 門倉 貴史(かどくら たかし)

      BRICs経済研究所代表を務める経済学者。
      論文を数多く発表し、経済誌への連載や執筆活動、セミナー講演など、幅広く活躍している。

      テレビ番組『ホンマでっか!?TV』では準レギュラーに抜擢されており、そのユニークな物腰や独特の切り口に愛されキャラが定着している。


    • #
    • 蟹瀬 誠一(かにせ せいいち)

      米国AP通信社記者、フランスAFP通信社記者、アメリカの『TIME』誌特派員を経て、91年「報道特集」のキャスターに転身。その後「スーパーJチャンネル」「スーパーモーニング」などのメインキャスター、文化放送「蟹瀬誠一、ネクスト!」のパーソナリティ、「経済討論バトル頂上決戦」(朝日ニュースター)キャスターを務める。2004年明治大学文学部教授に就任、2008年から明治大学国際日本学部初代学部長。著書に、『蟹瀬誠一の日本経済の論点』(実業之日本社)ほか多数。


    • #
    • 木戸 次郎(きど じろう)

      バブル崩壊により、わずか2日間で15,000万円の借金を背負う。そこから「株の損は株で取り返す」と相場の世界に身を置き9年で借金を完済。その時に培った「自己防衛法」や「投資法」など、独自の経済哲学を展開し、現在は約7,000億の資金を運用している香港のヘッジファンドであるASMキャピタルにて日本戦略顧問に就任。


    • #
    • 柴田 明夫(しばた あきお)

      株式会社 資源・食糧問題研究所 代表取締役。東京大学農学部農業経済学科を卒業後、丸紅株式会社に入社。丸紅経済研究所主席研究員、同所長、同代表を経て、2011年10月に株式会社資源・食糧問題研究所を解説、代表に就任。


    • #
    • 杉村 富生(すぎむら とみお)

      常に、「個人投資家のサイドに立ち」をモットーに、実践派の経済評論家、マネーエコノミストとして活躍中。「株のしくみ」、「株価チャートの読み方」など、著書多数。分かりやすい経済や株式の解説にも定評がある。雑誌などの露出を控え、講演会に全力投球する姿勢を貫いている。


    • #
    • 鈴木 一之(すずき かずゆき)

      1961年生まれ。83年千葉大学人文学部卒業後、大和證券に入社。株式トレーディング室にて一貫して株式トレードに従事。歴史に残る数々の相場の転換点を現場の最前線で体験。2000年よりインフォストックスドットコムに場を移し、日本株チーフアナリストとして相場を景気循環論でとらえるシクリカル銘柄投資法を展開。現在、フィスコ客員アナリスト。テレビ、ラジオ、新聞、経済誌など多方面で活躍中。著書に「景気サイクル投資法」「有望株の選び方」などがある。


    • #
    • 天海 源一郎(てんかい げんいちろう)

      東京証券取引所の兜倶楽部記者、株式市況アナウンサーなどを経て、2004年に独立。現在各地で投資家ならではの目線で株式やゴールドなどの投資に関する執筆活動・講演活動・セミナー活動を続ける。各種IRイベントや、証券会社主催のセミナーを多くプロデュースし、企画広告・宣伝といった企業のセールスプロモーションも請け負うなど、マルチな才能を発揮している。個人投資家が儲けるための投資の啓蒙をライフワークとする。


    • #
    • 深野 康彦(ふかの やすひこ)

      有限会社ファイナンシャルリサーチ代表でファイナンシャルプランナー。FP業界歴25年目のベテランFTPの1人。新聞、マネー誌や経済誌、各種メールマガジンへ執筆や取材協力、テレビ・ラジオ番組などの出演を通じて、投資の啓蒙や家計管理の重要性を説いている。


    • #
    • 古川 昭治(ふるかわ あきはる)

      1962年に日刊東京商品新聞社に入社、15年間の記者を経験したのち、1977年に株式会社商品データを設立。紙面はインタビュー、市況分析、需給データ、ケイ線から構成されていて、その内容には定評がある。 現在もトウモロコシ、小豆、ゴムなどの市況分析、『市場を読む』では主に金の見通しを担当している。多数の専門誌紙に記事を掲載、講演イベント、コーディネーターなど幅広い分野で活動、特に商品先物業界の発展に尽力している。


PAGE TOP