投稿者:しな子

先物取引での取引単位は商品によって異なる!呼値についても解説!

torihikitani

 

先物取引する際に、つまずいてしまう点の1つに、先物取引独特の「取引単位」があると思います。

商品取引所では、いろいろな商品が取引されていますが、取引単位はそれぞれの商品で異なります。

例えば、金は標準取引の場合1キログラム、原油は50キロリットル、トウモロコシは50トン…というようにそれぞれ決まっています。取引の度に調べるのは面倒だと思いますので、ここでは、商品ごとの取引単位を整理しました。先物取引をしたいと思っている人は、一度はこの記事を読んで、取引単位について理解しておくと、よりスムーズに投資ができます。

 

しな子
しな子
株式でいうところの売買単位が1株であったり、
100株、1000株だったりするようなものですね。
こんな⽅にオススメ

取引単位とは何かあまりピンとこない

呼値って何?

気になる商品の取引単位を知りたい

 

呼値とは?

 

2020年5月1日現在の国内商品先物銘柄を基準に説明します。

 

金(標準)であれば「5,783円」、プラッツドバイ原油であれば「22,070円」、

トウモロコシであれば「21,880円」などが、それぞれの銘柄の“価格”ということになります。

 

もし、この金(標準)「5,783円」が1か月後に「6,783円」になっていたとして、

この場合、差額の1,000円が自分の利益、もしくは損失になるかといえば…そうではないですよね。

先物取引にはレバレッジ効果がありますので、損益はもっと大きくなるはずです。

 

これは、商品先物取引の特徴【レバレッジ効果】で解説しました。

あわせて読みたい

aikilyaltuti2少額で大きなリターンが狙える!レバレッジについて解説!

商品先物取引のおおきな特徴の1つ、「少額で大きなリターンが狙える!」について解説します。

 

さて、ではこの金(標準)「5,783円」という価格は、どれだけの金についての価格なのでしょうか?

1グラムでしょうか?1キログラムでしょうか?

それぞれの商品の価格が『どれだけの数量の価格なのか』を表すのが「呼値」と呼ばれるものです。呼値は商品ごとに異なり、それぞれ定められています

金(標準)で言えば、呼値が1グラムなので1グラムで5,783円…ということですね。

 

yobiti

 

ちなみに、この価格がいくらずつ動くのかも商品によって異なります。金・白金は「1円刻み」

トウモロコシ・大豆は「10円刻み」、同様にガソリン・灯油なども「10円刻み」です。ゴムは「10銭刻み」です。このような最小の値動きを「値刻み(ねきざみ)」「ティック」などと言います。

 

取引単位とは?

 

取引単位は銘柄ごとに異なっており、それぞれ定められています

株式投資で例えるならば、株価は1株当たりの価格ですが、実際に取引ができるのは100株からです。

この100株単位で取引する、というのが商品先物取引での取引単位なのです。

 

金(標準)の場合は、取引単位は1キログラムと決められています。

取引単位は「」という単位で数え、商品先物取引では1枚から商品を購入することができます。

例えば金(標準)を5キログラム取引する場合、取引数量は5枚となります。

 

では先ほどの金(標準)「5,783円」の場合に、取引単位1枚で取引するなら、

 

kinsoutorihikidaikin

 

この578万3千円が1枚当たりの金(標準)の価格となり、「総取引金額」と呼びます。

 

総取引金額を取引に必要な証拠金で割って求めた倍率が「レバレッジ」であり、単位当たりの証拠金額に対する投資効率を示すモノサシとなります。

 

総取引金額は日々の値動きにより変化しますが、おおよそのレバレッジは

金取引で40~45倍、ガソリンで30~35倍、トウモロコシは25~30倍程度といわれています。

FXでも最大のレバレッジは25倍ですから、商品先物取引は高レバレッジであることがわかりますね。

 

主な商品の取引単位を知っておこう!

 

主な上場商品の取引単位を表にまとめました。

気になる商品については必ずチェックしておきましょう。

 

omonatorihikitain

 

まとめ

 

  • それぞれの商品の価格が『どれだけの数量の価格なのか』=「呼値」
  • 「取引単位」は1枚から取引ができる
  • 「呼値」「取引単位」は銘柄ごとに異なっており、それぞれ定められている

 

しな子
しな子
これらを理解して知っておくと、取引規模を把握できるようになります。
しっかりと理解して覚えておきましょう!
The following two tabs change content below.

しな子

総務部株式会社さくらインベスト
社会人2年目の23歳。保険・年金・資産運用などの金融知識については、まったくの初心者。“経済的に自立したカッコいい女性”になるために、金融リテラシーについて勉強中!

最新記事 by しな子 (全て見る)

当サイトは、当社の経営理念である「株式会社さくらインベストは投資に関する幅広い知識や高次元の技術を発信し、投資家の皆様の喜びに貢献できる企業を目指します」に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

当サイトは、当社の経営理念に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

今後非表示にする

注意 本ブログのご利用にあたり、使用上の留意点につきましては【重要事項のご説明】をご覧ください。

<リスクについて>
商品先物取引は相場の変動によって損失が生じる恐れがあり、また、当社必要証拠金の額に比べて何十倍もの金額の取引を行うため、その損失額は預託している証拠金等の額を上回る可能性があります。
<証拠金等の額とレバレッジ>
商品先物取引は委託に際して証拠金等の預託が必要になります。
最初に預託する当社必要証拠金額は商品により異なりますが、2020年7月16日現在最高額は取引単位(1枚)当り1,300,000円、最低額は取引単位(1枚)当り23,400円です。ただし、実際の取引金額は当社必要証拠金の額の約27倍という著しく大きな額になります。また証拠金等は、その後の相場の変動によって追加の預託が必要になることがあり、注意が必要です。ただし、その額は商品や相場変動により異なります。
<委託手数料について>
商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は商品・約定値段等によって異なりますが、2020年7月16日現在、最高額は取引単位(1枚)当り15,730円(片道・税込)です。

セミナー実績ページ