投稿者:しな子

損益計算書の6つの利益ってなに?見方と項目をわかりやすく解説!

sonekikeisansilyoaikilya

 

今回は、損益計算書の基本的な見方について一緒に学んでいきましょう!

損益計算書をみると、それぞれの会社に “どんな”利益が“どのくらい”出ているのかを詳しく知ることが出来るので、株式投資をする際の銘柄選びなどに役立てることができます。

 

しな子
しな子
「損益計算書」まで自分で調べることが出来れば、
他の投資家とグッと差をつけることができるかも…?
こんな⽅にオススメ

財務諸表ってなんだか難しそう

損益計算書の読み方を知りたい

そもそも「損益計算書」ってなに?

 

損益計算書からわかることは?

 

taisilyakutosonneki

 

損益計算書とは、一定期間(3か月、6か月、9か月、1年)の損益状況を表したもので、

貸借対照表とおなじく決算短信でチェックすることができます。

基本的には、売り上げから様々なコストを差し引く、もしくは収益があれば加えて、

最終的な純利益を求める形で構成されています。

損益計算書をチェックすることにより、この期間で会社がどのくらい儲かったのか、

あるいは損したのかといった経営成績を見ることができます。

 

損益計算書をチェックするときには、できれば貸借対照表との関係性を必ず押さえておきましょう。

この2つは、非常に密に関わり合っています。貸借対照表はストック情報、損益計算書はフロー情報であるという関係を理解しておくと、より分かりやすいかと思います。

 

貸借対照表と損益計算書の関係性については、こちらの記事で分かりやすくまとめているので、まだ読んでいない方は是非お読みください!

あわせて読みたい

zaimu3hilyou

必ず知っておきたい財務3表って?

財務諸表の中でも1番注目度の高い、財務3表…「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」とは何かを学びましょう!…

 

 

決算短信の損益計算書はこんな感じ!

 

まずは、決算短信で「損益計算書」がどのように記載されているのかを知っておきましょう。

細かいところは会社によって異なる場合がありますが、基本的な型はだいたい同じです。

 

sonekikeisansilyo

 

しな子
しな子
四季報に載っている「売上高」や「営業利益」「経常利益」も載っていますね!
利益には色々な種類があり、その数字は損益計算書を見なければ知ることができない数字です。
あわせて読みたい

gilyouseki意外と簡単?会社業績 読みかたのコツ

株式投資でチェックするポイントの1つ「業績はどうか?」

まずは「業績が伸びているのかどうか」を四季報で読み取れるようになりましょう。

 

損益計算書の6つの利益

 

損益計算書は、会社がどれだけ稼いで「収益」、そのためにどれくらい費用を使って「費用」、結局利益がいくら残っているか「利益」の3つから成り立っています。

損益計算書は、売上高からそれに要した経費を引いていく、もしくはそれ以外の収益を加えるものですが、各段階に応じて6種類の利益が計算されます。

 

 

6tunorieki

 

 

①売上総利益

 

uriagesourieki

 

売上総利益は、売上高から売上原価を差し引いたものです。

売上高から商品やサービスにかかる純粋なコストを引いたものですので、

売上総利益は「商品自体の価値」を表していると言えます。

去年と比べたときにいくら売上高が伸びていても、それらはコスト(売上原価)を削減しただけかもしれませんよね。しかし、売上総利益は商品自体の価値を表しているので、この数字を見ることで、純粋な商品の儲かりやすさを確認できます。

売上高以上に売上総利益が増加していれば、その商品は儲かりやすくなっているといえるのです。

 

②営業利益

 

 

営業利益は、売上総利益から販売費・一般管理費を差し引いたものです。

売上高からみると、本業の活動にかかる利益をすべて差し引いたものなので、

営業利益は「本業からもたらされる利益」といえます。

販売費・一般管理費には、実際には費用が発生しない減価償却費や、のれんも含まれます。このことは必ず理解しておきましょう。本来はもっと利益が出ているのに、販売費・一般管理費に減価償却費やのれんが含まれるから、営業利益が小さくなってしまうことはよくあります。

 

しな子
しな子
四季報には営業利益しか載っていないので、銘柄選定のときには
営業利益が伸びていない会社は外してしまうかもしれませんが、
それは原価償却費、のれんが膨らんでいるからかもしれません。

▼減価償却についてはコチラの記事で詳しく解説してます。

あわせて読みたい

genkasilyoukilyaku

減価償却ってなに?その仕組みをわかりやすく解説!

私たちにとって、財務諸表を難しくしている要因の1つが「減価償却」という仕組みです。減価償却とは…

 

▼のれんについてはコチラの記事で詳しく解説してます。

あわせて読みたい

sisanonobu

貸借対照表には、難しい項目がたくさんでてきます。また、項目自体が多いので、どこがみるべきポイントなのかもなかなか難しいでしょう…

 

 

③経常利益

 

keizilyourieki

 

会社は本業以外にも継続的に行っている営みがあります。

経常利益は、営業利益から本業以外の営みによる収益や費用を加えたり、差し引いたりしたものです。例えば、資金調達などの財務活動は本業の活動とは違う活動だとみなされます。

そのため、営業外損益の代表格となります。

 

④税金等調整前当期純利益

 

zeikinntoutilyouseimae

 

税金等調整前当期純利益は、経常利益から特別損益を加えたり、差し引いたりしたものです。

基本的にこの金額は、法人税を計算するときのベースとなる金額です。

 

⑤当期純利益

 

toukizilyunnrieki

 

当期純利益は、税金等調整前当期純利益から少数株主利益を差し引いたものです。

この当期純利益が、一定期間の活動からもたらされた最終的な利益となります。

 

しな子
しな子
「④税金等調整前当期純利益」と「⑤当期純利益」の間には、
「少数株主損益調整前当期純利益」というものがある場合があります。

 

少数株主利益は、普通あまり大きくならないため「少数株主損益調整前当期純利益」にはさほど注目する必要はありません。ただし、持株比率が低い子会社からの利益の寄与が大きい場合は、少数株主利益が大きくなることがあります。その場合には注意が必要です。

 

⑥包括利益

 

houkaturieki

 

包括利益とは、資産の価格が市場で変動することによってもたらされる含み損益を当期純利益に加えたり、差し引いたりして計算したものです。しかし、投資家にとっては、包括利益よりも当期純利益の方が大事な数字だといえます。なぜなら、当期純利益は会社の活動からもたらされたものですが、包括利益は会社の活動とは関係のないところで起きたものだからです。

何を確認したいかにもよりますが、わたしたちが重要視するべきなのは「⑤当期純利益」の方が好ましいでしょう。

 

まとめ

 

6turiekimatome

 

気になった銘柄の損益計算書をみることで、四季報などに記載されている利益の更に詳しい内訳を確認することができます。営業利益だけでなく、これらの6つの利益を確認することにより、

 

「会社の提供する商品やサービスに儲ける力があるのか?」

「本業での利益はどのくらいなのか?」

「一見、利益は大きいが、本業以外の方で利益を出しているだけではないのか?」

 

など、たくさんの発見や気づきを得られるでしょう。

株式投資をする時、ここまで見ている投資家は多くないので、銘柄選定で、周りに一歩リードすることが出来ます。

 

しな子
しな子
保有銘柄の損益計算書をチェックしてみると、
新たな発見があるかもしれません!!
The following two tabs change content below.

しな子

総務部株式会社さくらインベスト
社会人2年目の23歳。保険・年金・資産運用などの金融知識については、まったくの初心者。“経済的に自立したカッコいい女性”になるために、金融リテラシーについて勉強中!

最新記事 by しな子 (全て見る)

当サイトは、当社の経営理念である「株式会社さくらインベストは投資に関する幅広い知識や高次元の技術を発信し、投資家の皆様の喜びに貢献できる企業を目指します」に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

当サイトは、当社の経営理念に基づき、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。
当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。

今後非表示にする

注意 本ブログのご利用にあたり、使用上の留意点につきましては【重要事項のご説明】をご覧ください。

セミナー実績ページ