投稿者:さくら しな子

知らなきゃマズイ落とし穴!不動産投資の3つのリスク【不動産投資3時間目】

hudousan3

 

ここまで、不動産投資の魅力やメリットをお伝えしてきましたが、不動産投資はもちろん“投資”。

つまり、メリットがあればデメリット(リスク)もあるのです。

このリスクを知らないまま不動産投資に手を出してしまうのは非常に危険な行為です。しっかりとリスクを把握して、そのリスクを回避できるような投資戦略を立てられるようになりましょう!

 

さくらしな子
さくらしな子
不動産投資には、どんなデメリット(リスク)があるんですか?
知っておくべき主なリスクとして、この3つを挙げます。
①空室になってしまうことがある
②ローンの金利が上がってしまうことがある
③災害が起こってしまうことがある
それ以外にもリスクはありますが、今回はこれについて説明します。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

こんな⽅にオススメ

不動産投資で失敗するのはどんなとき?

不動産投資をやってみたい!

不動産投資のリスクを知りたい

 

①空室のリスク

kuusitunorisuku

 

誰も住みたいという人がいなければ、とうぜん空室になってしまいます。

そうなれば、家賃収入を得られなくなり、銀行から融資を受けている場合はローンの返済が難しくなります。

 

空室リスクを出来るだけ回避するためには、どうすればいいと思いますか?
やまもとFP先生
やまもとFP先生
さくらしな子
さくらしな子
う~ん…。やっぱり空室にならないような人気の物件を選ぶことですよね。
その通り!それこそ、銀行の審査をクリアして、
充分な融資を受けられるような物件は空室のリスクも低いといえます。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

どうしても空室が怖ければ、リスクヘッジとしてサブリース契約をすることができる物件もあります。

サブリース契約とは、簡単に言うと入居者がいなくても家賃収入が得られる仕組みです。

その代わり、得られる家賃は満額ではなく何割かを差し引かれた金額を受け取ることになります。

このように、サブリース契約をすると空室のリスクは回避することが可能です。

 

しかし!サブリース契約をしてくれる物件ということは、
人気な物件であるということもできるので、
本当にサブリース契約をしたほうが良いのかは慎重に考える必要があります。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

②金利上昇のリスク

kinnrizilyousilyourisuku

 

ローンの金利とは、ローンの借りている額に対して、支払う利息の割合のことです。

 

ローン金利には、固定金利と変動金利があります。

固定金利とは、お金を借りたときに決めた利率を最後まで変えずに利息額を計算する種類の金利です。

変動金利とは、一定の基準に従って利率が変わっていくタイプの金利です。

多くの場合、市場の変化によって利率が上がったり、下がったりをします。

基本的に不動産投資向けのローンは変動金利です。

 

 

③災害のリスク

saigairisuku

 

せっかく物件を購入しても、火事や大雨、落雷…といった災害に見舞われてしまうリスクもゼロではありません。しかし、これらのリスクは、「火災保険」に加入することで、ほとんどの場合リスクヘッジができます。

 

火災保険でカバーできない災害で、起こる確率が高いのが「地震」です。

ただ、(新耐震基準)鉄筋コンクリートで造られたマンションであれば、であれば、震度7の地震があっても倒壊する可能性は低いです。

そのため、投資として考える場合、地震保険には必ずしも入ったほうが良いとは言い切れません。

 

 

まとめ

 

今回は不動産投資のデメリット(リスク)面について解説しました。

 

不動産投資はリスクが高い投資先というイメージがあります。

そして紹介した通り、もちろんリスクはあります。

 

しかし、どんなリスクがあるのはを把握し、対策を知っておけば、十分に回避できることができます。

 

そしてなによりも失敗のリスクを回避できるのは…

 

さくらしな子
さくらしな子
不動産投資の知識を蓄え、良い物件をえらぶこと!

 

不動産投資をするときは、リスク管理をしっかりとするようにしましょう!

 

 

The following two tabs change content below.

さくら しな子

総務部株式会社さくらインベスト
社会人2年目の23歳。保険・年金・資産運用などの金融知識については、まったくの初心者。“経済的に自立したカッコいい女性”になるために、金融リテラシーについて勉強中!

最新記事 by さくら しな子 (全て見る)

重要な注意事項
■このブログは、株式等の金融商品を助長する趣旨はなく、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただく為のものであり、金融商品等の勧誘や媒介を目的としたものではありません。
■当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません