投稿者:さくら しな子

不動産投資の魅力って?1からわかる不動産投資のしくみ【不動産投資1時間目】

hudosanaikilyaltuti

 

不動産投資ときくと、どんなイメージがありますか?

「リスクが高い!」「家賃収入で不労所得を得られる!」

など、さまざまなイメージがあるかと思います。

今回は、そんな不動産投資の魅力について、1から解説します。

 

しな子さんは不動産投資にどんなイメージがありますか?
やまもとFP先生
やまもとFP先生
さくらしな子
さくらしな子
失敗したら何千万円と借金が残ってしまう
リスクが高い投資ってイメージです…!

 

もちろん投資なのでリスクはありますが、
不動産投資は正しく理解すれば、とても魅力的な投資先なんですよ。
やまもとFP先生
やまもとFP先生
こんな⽅にオススメ

不動産投資をやってみたい

不動産投資はリスクが高いイメージがある

不動産投資で利益が上がる仕組みについて知りたい

 

 

不動産投資の2つの利益

 

不動産投資とは、購入した物件を人に貸したり売ったりすることで利益を上げる運用方法です。

おもにインカムゲインキャピタルゲインの2つの利益の出し方があります。

 

 

インカムゲイン

 

インカムゲインは購入物件の居住者から家賃として得る利益です。常に購入物件に住む人さえいれば、長期的に安定した利益を狙うことができます。

 

inkamugein

 

 

キャピタルゲイン

 

キャピタルゲインは購入した物件を売却して得る利益です。土地や物件の価値があがり、

値上がりしたタイミングで売ることができれば、短期的に大きな利益を得ることも可能です。

 

kilyapitarugein

 

現在は、キャピタルゲインを得る方法は下火になっている傾向があります。
昔ほど短期間で土地の価格が高騰することが少なくなっているんです。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

不動産投資のしくみ

 

不動産投資は、まず物件探しから始めます。いい条件の物件を見つければその物件を購入します。

例えば「この立地でこの部屋なら、ちゃんと住む人が出てくる!」といった物件を見つけるとします。

その物件の値段は2000万円。すぐに払えればいいですが、決して小額ではないのですぐに払うのは

難しいでしょう。

 

sikumi1

 

そんなとき、多くの人は銀行から融資を受けます。

銀行がお金を融資しても大丈夫という判断を下せば、物件を購入することができます。

 

sikumi2

 

銀行からお金を借りて、マンションを購入する。そしてそのマンションに住む人から家賃を得て銀行にお金を返していく…こういったサイクルで運用を行っていくのが不動産投資です。

 

sikumi5

 

基本的にこのサイクルで運用を行うのですが、このほかに管理費や、修繕費、税金などの支出が発生

することも忘れてはいけません。これらも家賃収入でやりくりできればいいのですが、足りない場合は自己資金で行います。

 

 

不動産投資の魅力とは?

 

 

毎月の収入が増える可能性がある

 

不動産投資の魅力の1つは、なんといっても“毎月の収入が増えること”。

 

例えば、毎月のローン返済や、管理費などの支出も加え、月々7万円かかるとします。

しかし、きちんと居住者がいて家賃が8万円あなたに支払われるなら、差額の1万円はあなたの毎月の

利益となります。

 

mirilyoku1

 

運用がうまくいけば、月々の収入に不労所得と言われる収入がプラスされることになります。

しかし、逆に言うとローンや管理費などの支出が家賃を上回ってしまったら毎月の運用実績はマイナスになってしまうので注意が必要です。

 

 

実は失敗のリスクが低い

 

ほとんどの場合、不動産投資では前述の通り、銀行から融資を受けることになります。

それは言い換えると、“借金をする”ということ。とてもリスクが高い投資先のように思えますよね。

 

さくらしな子
さくらしな子
やっぱり“借金”っていう響きは怖いなぁ~…
不動産投資にリスクが高いイメージがあるのは借金があるからかも…
では、しな子さん!友達にお金を「貸す」か「借りる」か、
どちらがしな子さんのリスクは高いですか?
やまもとFP先生
やまもとFP先生

 

“貸す”か“借りる”、どちらの方がリスクは高いんでしょうか?答えは“貸す”方です。

お金を借りて、自分が返せなくなってしまっても自分自身のマイナスはありません。

しかし、お金を貸して、「返せません!」と言われたら、お金を支払っただけでマイナスになります。

 

無いところから、お金を返してもらうことはできませんから、もしお金を“貸す”のなら、

絶対返してくれる!」ときしか貸したくありませんよね。

 

不動産投資では、お金を貸すのは銀行です。銀行は投資先の物件や、その人の年齢、職業、年収などをみて融資したお金を返せるかどうか判断します。つまり、銀行も「絶対お金を返してくれる!」=

「間違いなく家賃収入を得られるだろう!」というときにしか融資はしてくれないのです。

 

tekiseitilyaltuku

 

その人の適正のほかに、自分がイイと思った物件が「家賃を得られるくらい魅力のある物件なのか」を銀行はチェックをします。そして、銀行が「この物件はそんな価値がない」と判断した場合、

融資をしてくれません。銀行のチェックはそれくらい厳しいものなのです。

 

つまりこれは逆に言うと、銀行が融資をしてくれるような物件は、非常に失敗しづらいのです。

正解・不正解を銀行が判断してくれるんですね。

もちろん不動産投資のリスクは0ではないですが、イメージされてるほど高くはないのです。

 

 

連帯保証人は必ず必要ということはない

 

不動産投資のネガティブイメージとして、銀行から融資をうけるときに「連帯保証人が必要になる」というイメージがあります。

 

しかし、不動産投資で連帯保証人が必ずしも必要ということはありません

家族に迷惑が必ずかかるわけではないのです。

 

もし、購入した物件に居住する人がいなくてローン返済が難しくなってしまった場合、購入した物件を担保にします。そしてこの物件が没収されます。

 

銀行には抵当権があり、不動産投資で融資をしてもらうほとんどの場合、返せなくなったときは抵当権をつかうという契約を結んでいます。

 

抵当権:金融機関が不動産を担保に融資するときに借金のかたとし、借り手が返済出来なくなった場合に任意処分や競売等を行う事によって債権を回収できる権利のこと

 

分かりやすく言えば、「返せなくなったらこの物件は銀行のモノになります」という契約ですね。

だからこそ、銀行はきちんと返せる物件にしか融資はしてくれないのです。

 

しかし、不動産投資の種類によっては連帯保証人が必要なパターンもあるので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

さくらしな子
さくらしな子
今回で、不動産投資のイメージが変わりました!
すごく怖いものだと思ってたけどそんなこともないんですね…!

 

正しく理解すればイメージも変わるかと思います。
ただ、投資は投資なのでもちろんリスクはありますし、メリットもあれば
デメリットもあります。
やまもとFP先生
やまもとFP先生

今回は、不動産投資の利益が出る仕組みとその魅力について解説しました!

次回からは不動産投資のメリットとリスクについて学んでいきましょう!

 

 

The following two tabs change content below.

さくら しな子

総務部株式会社さくらインベスト
社会人2年目の23歳。保険・年金・資産運用などの金融知識については、まったくの初心者。“経済的に自立したカッコいい女性”になるために、金融リテラシーについて勉強中!

最新記事 by さくら しな子 (全て見る)

重要な注意事項
■このブログは、株式等の金融商品を助長する趣旨はなく、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただく為のものであり、金融商品等の勧誘や媒介を目的としたものではありません。
■当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません