投稿者:さくら しな子

株式投資のバイブル!初心者でもわかる四季報の読み方

sikihounoyomikata

 

みなさんは、『四季報』を読んだことはありますか?「株式投資をバリバリしてます!」という方は、おそらくチェックしていることでしょう。しかし、初心者の方にとっては「四季報ってなに?」というのが正直なところではないでしょうか?

(ワタシは就職活動のときにペラペラって見たことがあるだけです…。)

 

今回は、そんな『四季報』の読み方の基礎を学んでいきましょう!

重要な注意事項
・当ブログは(株)さくらインベストの経営理念である「株式会社さくらインベストは投資に関する幅広い知識や高次元の技術を発信し、投資家の皆様の喜びに貢献できる企業を目指します」の一環から、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただくことを目的としています。よって、株式等の金融商品を助長する趣旨はなく、金融商品等の勧誘や媒介を目的としたものではありません。
・当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません。
・当ブログに掲載する情報には細心の注意を払っていますが、あくまで掲載時点での情報であり、その正確性、完全性を保証するものではありません。

 

こんな⽅にオススメ

銘柄えらびって何をつかえばいいの?

四季報の見方がわからない!

四季報って文字が多くて難しそう…

 

 

まずは四季報をみてみよう!

 

さくらしな子
さくらしな子
四季報って文字と数字がいっぱいなイメージがあって、
読むの大変そうなんですよね…。

 

まずは、四季報をみてみましょう!

四季報の中身はこんな感じで、たくさんの会社の情報が載っています。

 

sinsikihou

※会社名・数字は架空のものです。

 

 

初めて見る方は、「なにがどこにかいてあるのか分からない!」となってしまいますよね。

どこに何が書いてあるかというと…

こうなっています!まずは、何がどこに書いてあるのかがパッとみてわかるようにしましょう!

 

sinsikihou2

 

 

四季報でのチェックポイント

 

どこに何が書いてあるのかが分かったら、次は「どこをチェックするのか」です。

会社四季報には、たくさんの情報が載っているのでチェックするべき点はたくさんあります。

 

その中でも基本である

 

業績はどうか

割安かどうか

チャートの形はどうか

 

の3つのポイントは必ずチェックするようにしましょう。

 

sinsikihou3

 

 

まとめ

 

投資家にとって四季報は一目でたくさんの情報を確認できる、とても便利なものです。

こんなに分厚い本の中から、銘柄を絞っていくのはとても大変に思えますよね。

しかし、普段から四季報を読むクセをつけていけば、慣れてくるものです。

 

まずは、

 

①業績はどうか

割安かどうか

チャートの形はどうか

 

の目線で四季報を読んでみましょう!

 

さくらしな子
さくらしな子
株式投資をするときに「四季報」を使いこなせるようになるとイイですよね!
『四季報を制する者は株式投資を制する』
四季報は毎号チェックするようにします!!

 

四季報は、年に4回、3の倍数の月(3月、6月、9月、12月)に発売されます。

 

出来るだけ早く四季報をゲットして早く内容を読む!

そして、株価が上がる前にイイ銘柄にエントリーする!

 

それこそが四季報を上手に利用するコツ…ともいえるのです!

 

次の発売は12月ですね。

株式投資をされている皆様も是非!手に取ってみてください!

 

The following two tabs change content below.

さくら しな子

総務部株式会社さくらインベスト
社会人2年目の23歳。保険・年金・資産運用などの金融知識については、まったくの初心者。“経済的に自立したカッコいい女性”になるために、金融リテラシーについて勉強中!

最新記事 by さくら しな子 (全て見る)

重要な注意事項
■このブログは、株式等の金融商品を助長する趣旨はなく、一般的な金融リテラシーの知識向上に役立てていただく為のものであり、金融商品等の勧誘や媒介を目的としたものではありません。
■当社(株)さくらインベストは商品先物取引業者であり、金融業者(証券会社等)ではなく、当社で株式等の金融商品の取引を行うことはできません。その為、金融商品等の勧誘や媒介を目的としていません。また、金融商品等のメリットを助長し取引を勧めるものでもありません