投稿者:兼城

【第2回】テクニカル分析とは?

 

kabukatilyato

 

はじめに

例えば、株式投資をする時に、素晴らしい業績をあげている会社の株を購入したとしても、売買の時期が悪いと良い結果にはなりません。投資で利益を上げる時に、売買のタイミングは最も重要な要素の一つになります。

 

「テクニカル分析」はその売買のタイミングを計る上で、役立つ方法です。

「分析」というと、難しく感じてしまうかもしれませんが、今回のブログでは、「テクニカル分析」について初めて聞く方でも分かり易く説明させていただきます。

 

  • そもそもテクニカル分析とは何か分からない
  • 専門用語が多くて苦手意識がある
  • テクニカル分析をして、株式投資やFXをはじめてみたい

という方は、是非この記事を読んでください。

 

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、株式・商品取引・為替等の値動きを過去の価格変動のパターンや経験則から分析・予測する手法です。

市場価格は全ての情報や条件を織り込んでいるとの考え方から、市場から得られる情報のみを分析対象としているのがテクニカル分析です。

 

テクニカル分析の種類

テクニカル分析には、様々なものがあります。そのため、テクニカル分析をしたいと思っても、初心者には、どの分析方法を使えばよいのか判断が難しいと思います。そこで、今回は大まかな分類についてご説明いたします。

テクニカル分析は大きく分けて以下の2種類があります。

 

①トレンド系

②オシレーター系

 

(なお、実際は非時系列など、これ以外に分類される方法もありますが、比較的使われることが少ないことから、今回は割愛いたします。)

 

①トレンド系

「トレンド」とは今現在の値動きの傾向のことを示します。現在の値動きが上昇傾向にある状態(上昇トレンド)なのか、下降傾向にあるのか(下降トレンド)なのか、またどのくらいの勢いがあるのかなどを分析するものです。

 

しかし、トレンドが発生していたとしても、トレンドが始まったばかりなのか、既に終わりの方なのかは分かりません。売買をする際は、それらを判断する必要があります。

 

②オシレーター系

オシレーター系とは、現在の市場価格が高騰し過ぎなのか、下落し過ぎなのかを判断する方法です。従って、これまでのトレンドが変わるタイミングを読むのに用いられることが多いです。

 

トレンド系と異なる点は、トレンド系はトレンドの方向性の判断をするもの、いわば流れに乗って売買することを目的とするのに対し、オシレーター系は、トレンドが変わるタイミングで、それまでのトレンドに逆らって売買することを目的とします。

 

まとめ

投資で利益を上げる時に、売買のタイミングは最も重要な要素の一つになります。

「テクニカル分析」は、その売買のタイミングを判断する上で、役立つ方法です。

 

とはいえ、様々な種類が存在しますので、全ての分析方法を実践する必要はありません。それぞれの特徴を理解し、その中から自分に合ったものを選んで使うと良いと思います。今回は、大まかな分類について触れましたが、次回以降のブログでは、それぞれの特徴や、使い方について説明していきますので、是非参考にして頂きたく思います。

 

 

The following two tabs change content below.
投資家の方や社会に貢献できるように、本ブログを担当させていただきます。投資に関する知識の無い方でも本ブログを役立てていただけるように、分かりやすい記事を更新出来ればと思っております。商品アナリスト(貴金属)東京商品取引所認定。

最新記事 by 兼城 (全て見る)