投稿者:山本

―“億り人”投資ブロガー株銀、その半生に迫る【株銀氏にインタビュー!】

kabuginnaikilyaltuti

 

株式投資ブロガー 株銀(かぶぎん)氏

 

アメーバブログで、投資ブログ「アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?」を運営されている株銀さん。株銀さんのブログは、1日のアクセス数が平均約3000アクセスという大人気のブログです!

 

  • なぜ株銀さんはブログをはじめられたのか?
  • どんな投資人生を歩んでこられたのか?
  • どういったポリシーをお持ちなのか?

など!今回の取材では、

株銀さんが“億り人”になるまでの経験を中心に沢山のことを聞かせていただきました!

 

投資をはじめることは、私にとって“当たり前”でした。

 

kabugin1

 

株銀さんが、株式投資をはじめたキッカケは何だったのでしょうか?

 

幼い頃から “お金”というものに興味があったんです。切手を集めるような子どもでした。「この切手が値上がりしたら儲かるんじゃないかな~」とか思ってね。(笑)

なので、投資自体も、物心ついたときから「お金が貯まったらやろうかな~」と漠然と思っていた気がします。それがキッカケですね。自分の中では「投資」を始めることは、当たり前の道というか、王道というか…。ちなみに、あの時買った切手は値上がりどころか、値下がりしました。(笑)

 

幼い頃から、「投資」には興味を持たれていたのですね。実際にはいつ頃、投資をスタートされたのですか?

 

大学時代に友人が投資をしているのを見て、「同じ大学生なのにこいつスゴイな…」なんて思ってね。お金が貯まったらスタートしようと思って、貯金を始めました。親からもらった仕送りとかも、一部は貯金したりしていましたね。そうして大学を卒業して、就職して…。だいぶお金が貯まったときに

「さあ、やるか!」と。そうして投資をスタートしたのが1989年、バブルの3年前です。

 

kabugin2

 

―貯めた資金で投資をスタートされたのですね。はじめて購入した銘柄は何だったのですか?

 

週刊誌の株式投資の記事にあった呉羽化学工業を1000株78万円くらいで買ったのが最初です。

呉羽化学工業は、現在社名がKUREHAになってますね。クレラップを作ってる会社です。大学の時は(専攻が)口腔外科だったこともあって、がん治療に興味がありました。

当時、呉羽化学が「クレスチン」という抗がん剤をだしていたんです。それで、雑誌で呉羽化学を見つけたとき「コレだ!」って思ったんです。

 

―その直感で、78万円もの大金を投資につぎ込んだのはスゴいですね…!

 

当時、証券会社の担当者にまず聞いたんです。

「口座を開きたいんだけど、何買ったらいいの?」って。そしたら向こうは私が素人だとわかって、「電力会社の株が1000円以下になったら買ったらどうですか?」と、固い株を勧められました。

でも、株銀は元来ひねくれもんで、人の言うことは聞きません(笑)。

ちょっとは自分でも勉強しておこうと思って週刊誌をひらいて、呉羽化学工業を見つけたんです。

週刊誌には「※1値がさ株の方が安全で、すぐ儲かる」みたいなことも書いてあったので、思い切って買いましたね。 ※1値がさ株…1単元当たりの株価の水準が高い銘柄のこと

 

―はじめての投資で大きいお金を動かすことに、不安はなかったのですか?

 

正直なところ、「3日で4%くらい上がって、3万円くらい儲かったら、ちょっとくらいお小遣いになるかな~」くらいの気持ちで呉羽化学の株は買いました。買ったらすぐ儲かると思ってたんですよ。でも大きな勘違いでしたね。すぐに下がりました(笑)。

「株って怖いモンやな~、やったらアカンな~」って感じましたね。

 

kabugin3

 

―ということは、はじめての投資は失敗だった…ということでしょうか?

 

呉羽化学の株価が買ったとたん直ぐに下がって、「もうやめようかな~、損切りしようかな~」と思ったんですけど…。

ちょっと悔しいし、3日か4日売らずに持ってたんです。そしたら、また上がりはじめました。そのまま買値も超えていきましてね!そこで株の面白さを知りましたね。「株っておもしろい!」って(笑)。結果的には上手くいきました。

 

―初めての投資が、上手くいった要因は何だと思われますか?

 

「大きな流れに乗ることができた」からです。グッドタイミングで株を買った、ラッキーだった。ただそれだけの話です。面白いから、他の株も買っていくわけです。当時は、どんどん保有銘柄が増えていきましたね。そんな感じで、『株式投資』にハマっていったんですよ。

 

当時はお小遣い稼ぎくらいの気持ちで投資をしておられたのですよね。購入した株は、株価が上がるとすぐ売っていたのですか?

 

それが不思議でね、全然売らなかったです。

「3万円くらい儲けてお小遣いにしよう」なんていう最初の動機はどこへやらっていう(笑)

儲かってくると、「上がるから持っとけ!」「上がるからもっと買え!」そういう考え方になってくるんですよ。欲と元気がでてくるんですよね。そうやって持ち株はどんどん増えていきました。

 

「失敗してほしくない」から自分の失敗談も伝えます。

 

kabugin4

 

―なぜご自身の投資経験を、ブログで発信しようと考えられたのでしょうか?

 

昔は本業が忙しかったんですけど、最近少し落ち着いてきたんです。私も、長年仕事をしてきて、

もうそろそろいいかな、と思うこともあります。人間って、「好きなことで稼ぐ」というのが1番理想かもしれませんが、そうはいかないですよね。本業が落ち着いてきたことで、少し空いた時間ができて。ブログは、その空き時間の“楽しみ”ですね。あと、囲碁も好きなのでそれも楽しみの1つです。

 

株銀さんにとってブログを書くことは“楽しみ”なことなのですね!どういったときに「楽しい」と感じますか?

 

もちろんアクセス数が増えたり、ランキング1位になったりしたら嬉しくて「ありがとうございます!」の記事を書いたりします。アフィリエイトはしてないので、アクセス数とかは関係ないんですけど、注目されると嬉しいです。

ブログでは、私の※2ポートフォリオが上がったか下がったかを記事にします。そして他の人のブログで、どんな株が買われたのかもチェックします。そのうえで、今後を予測して、現在の価格も調べて、コード番号も探して、記事にしてます。親切丁寧に執筆することを心がけてますね。実は結構大変なんですよ(笑)。それでもネタが尽きずに書けるのは、やっぱり好きだからですよね。

※2ポートフォリオ…金融商品の組み合わせのこと。特に具体的な運用商品の詳細な組み合わせを指す。

 

―ブログを、どのような方々に、どのような目的で読んでいただきたいですか?

 

私はずっと長期投資で株式をやってきたので、同じように長期投資をしているひとに参考にしてもらいたいですね。初心者の方にも見て欲しいです。私は、私のやり方が1番イイと思っていますので、真似してほしい。あとは、株式投資で失敗している方。ブログをみてくださる方には、失敗してほしくないですね。だから、自分の失敗談もブログに載せるようにしてます。

なぜか?私はもうある程度お金が貯まったからいいかなって(笑)。ブロガーさんの中には、そうゆうのを隠してる方もいらっしゃいますけど、私は載せるようにしてます。

 

kabugin5

 

―ブログを執筆するうえで、気を付けておられることがございましたら教えてください。

 

ブログは不特定多数の方にみられるので、他の人の悪口はもちろんのこと、誤解がないような表現というのは気を付けてます。以前、私のブログのある言葉が、1人の読者の方の癇に障ったようで、お怒りのコメントがきまして…。私も、そんなつもりで書いたわけじゃなかったので「そんなこと言われるんだったらブログやめようかな」と思ったんです。

でも、多くの読者から励ましや続けてくださいという言葉をもらえましてね。とても嬉しかったですし、書き続けてきてよかったと思いました。ただ「気をつけよう」ともなりましたね。

 

―多くの読者が、株銀さんのブログに助けられているのですね!ほかにも「ブログを書いていてよかった」となることはございますか?

 

「仲間」が出来たことですね。ブログを通じて、オフ会や勉強会を開くようになりました。実はそれがブログを書き始めた1つの目的でもあるんですけど。だって投資の話って家内に言っても仕方ないし、友達に資産が億あるなんて言っても引かれるし(笑)。

投資に興味ある人同士で情報を分かち合いたいじゃないですか。勉強会では、具体的な銘柄を出したりしてます。結構同じ方が何度も来られるってことは楽しんでもらえてるのかなって思います。私もお喋りが好きなので、「笑かせよう」としますしね(笑)。

 

“億り人”になる「チャンス」は、人生で3回しかないんです。

 

kabugin6

 

普段、株取引に使う時間はどのくらいでしょうか?

 

取引してる時間よりも、ブログを書いてる時間の方が長いんです。長期投資ですから、“買ったらほったらかし”のスタンスなので。あと買ったら株価はまったく見ないです。

だって上がっても下がっても売らないんですもん(笑)。さすがに上場廃止になったら売りますけどね。でも、基本的に、嫌にならない限りは売らないです。

 

―配当金や、株主優待をもらってゆったりと運用されているのですね。

 

そうですね。現在は仕事もしていますが、配当金と優待で同じくらいの金額をもらっています。

だから、株価が下がっても、そんなに焦りませんね。

私は一般口座でやっているので12月に11月末までの取引内容を取り寄せて、利益を計算して、12月に期待できない含み損銘柄を売ります。そこで、※3損切りをします。

例えば、11月末までの確定利益が600万円とします。損切りが100万円なら利益は500万円になり、税金は少し安くなります。私の塩漬け株の損切りはいつも12月ですね。

 

※3損切り…投資家が損失を抱えている状態で保有している株式等を売却して損失を確定させること

※4塩漬け…現在の価格が買い値よりも下がっていて、売ると損が出る状態であるために、やむをえず長期保有していること

 

―投資を行ううえでの、“ご自身のルール”がございましたら教えてください。

 

当たり前のことをしっかりとすることですね。買うときは必ず10年チャートを見る、買いタイミングを計る、企業実績をチェックする、チャートの形、ファンダメンタルの勉強…。こういった当たり前のことをしっかりとするようにしています。

大きいルールでいうと、「長期投資」ですかね。短期投資、デイトレードはしません。

 

―「長期投資しかしない」というのも1つのルールなのですね。

 

私の理想は、『長期投資で1番株価が低い時に買って、大天井で売る』こと。

そして、ゆっくり休んで世界旅行に行きたいです(笑)。日本に帰ってきたころには、不況も終わって投資のキッカケに出会えるかもしれない。

それが投資の10年サイクルです。だから、人生には3回しかチャンスがないんですよ。

そのチャンスまでに1000万貯めなさい、1000万円ためて2回チャンスを迎えられれば資産1億円超える、というのが私の講義の基本です。ルールではないですけど、啓蒙ですかね。

 

kabugin7

 

―普段の株取引で参考としている情報収集先はどこですか?

 

他の人のブログです。特に“失敗している人”。ブログや自分のホームページで自分の持ち銘柄を公開している人って結構いるんです。中には買値まで公開してる人もいます。正直、「こんなん公開してイイの?!」って思いますけど(笑)。でも好意で公開してくれてるわけですから、それを見させてもらいます。成功してる株は見ません。失敗している株を見ていきます。

「この株下がったんや、チェックしてみよう」と銘柄を調べてみて、上がりそうだったら買います。『人の行く裏に道あり花の山』という格言が投資の世界にはありますけど、『人の損に、儲けの道あり』なんですよ(笑)。人の損をうまいこと利用したら、儲かるってことですね。

 

―近年、“資産運用の必要性”が謳われていますが、株銀さんの考えられる“資産運用の必要性”は何でしょうか?

 

若い人こそ資産運用をしてほしいと思います。若い人だと、失敗しても取り返しがつきますからね。

まあ、その範囲内で投資しないとダメですけど。

というのも、これからの時代は“貧富の差”がどんどん大きくなってくると思います。その差はどこで生まれるか。「資産運用をしているかどうか」です。もちろん、お金がたくさんあることが一概に幸せとは言い切れません。でも、生活に追われて気が付いたら90歳…なんて嫌じゃないですか?

子育てだったり、仕事だったり、何かに没頭して頑張るのは素晴らしいことです。でも人生の最後くらいは「自分のしたいことを思い切りする」のが1番だと思うんですよね。生活に追われているせいで、「本当にしたいこと」が出来ないのは、寂しい人生だと思います。

だからこそ、早めに準備をしておくことが重要だし、そのためのツールとして「資産運用」はするべきですね。だって人生3回しかチャンスないんですよ(笑)!

若いうちに成功して、資金をつくっておくことが大事なんです。ある程度資金を作っておいたら、お金っていうのは加速的に増えますから。まず1000万円つくることですね。

 

―なるほど。株銀さんの「本当にしたいこと」は何なのですか?

 

たくさんありますね。さっきも言いましたけど、世界旅行したいです。※5ピースボートに乗りたいですね。山も行きたいし、オーロラもみたいし…。美味しいものもいっぱい食べたいですね。健康面もそうです。他人に迷惑かけないようにね(笑)。

あとはやっぱり、社会貢献ですね。若い人に投資を教えたいですし、子供たちに囲碁も教えたいです。それが夢であり、「本当にしたいこと」ですかね。

※5ピースボート…日本の非政府組織が主催している船舶旅行の名称

 

1億円の借金をつくったときは、さすがに焦りました(笑)。

 

kabugin8

 

―ズバリ、今までの株取引の中で、1番の成果とは何でしょうか?

 

「儲かった」という意味でしたら、2008年のリーマンショック後にたくさんの優待株を買って、アベノミクスに乗れたことですかね。多分儲かってると思います。正確に計算したわけじゃないので分からないですけど(笑)、儲かってるはずです。

あとは、※6テンバガーをとった時は嬉しいですよね!バブルの前くらいに、フランスのガス会社と提携している日本の会社の株を買ったんですよ。もう会社名忘れちゃいましたけどね。

200円くらいで買って、(1000株で)20万円でしょ。それを大天井で売れました(笑)。200万です!それもたった1日でした。次の日からはもう下がってたので、ちょうどテンバガーのタイミングで売れたんです。大天井で売ろうと思ったら一瞬です。そのタイミングを掴めたときは嬉しいですね。

※6テンバガー…株価が10倍に値上がりすること

 

では逆に、今までの株取引で失敗した経験がございましたら教えてください。

 

失敗は、1989年のバブル崩壊前に株を売れなかったことですかね。

はじめて投資をしてから投資が楽しくて、気が付けばかなりのお金をつぎ込んでいたんです。当時は上昇相場の入り口だったのでどんどん資産は増えていきましたね。

だから、儲けたいの一心で、(購入した)株券を担保に銀行からお金を借りて、そのお金でまた株を買うという行為を繰り返してました。(借金には)金利もつくのに、そんな無茶をしてたんです(笑)。そんなこんなで、1989年のバブル期には1億円くらい借金ができてました。

 

―借金を1億円抱えたまま、バブル崩壊をむかえたのですか!?

 

そうです(笑)。要は、1億円の株の資産があったから、銀行は1億円貸してくれたわけです。どんどん株価が上がるから銀行もお金返せって言ってこないんですよ。当時150円で買った株が800円超えてたりして、何となく危険かな~とも思ってたんですけど…。

欲があったので売らずに持っていたら、数か月後にバブル崩壊がきましたね。

下がり出すと早かったですよ!今でも覚えてますね。1990年の2月に下がりだして、「これは危ないな」と。でも、投資家心理ですよね。なんとなく、「また、上がってくるんちゃうかな…」

と感じて3月までは持ってました。それでも、下がり続けて…はじめて3日くらい眠れなくなりました。なんせ借りてる金額が1憶円ですから(笑)。

今でこそ自分の保有株の総額はネットで瞬時に見れますが、当時はなかなか難しかったんです。当時、既に200銘柄ぐらいは保有していたと思います。自分の立ち位置が分からなくて、とても不安でした。

3日くらい悩んで、売る決意をしました。証券会社に電話して「全部売ってくれ!」って。

とりあえず1億円返すことしか頭になかったです。1億円返しても5000万円くらいは残ったんですけど、負けたような気がしてショックでしたね。

 

―やはりショックでしたか。そのようなとき、どのように気持ちを立て直しておられますか?

 

忘れることです。時間が忘れさせてくれるんです。投資を休む、ということですね。実際にバブル崩壊のときのショックを忘れるのに14年かかりました。

その時も、1回リセットできたら、機会をみて再開しようと思っていました。

行動経済学で教えてもらったんですけど、投資で感じる悲しみは喜びの4倍なんですって。

つまり、10万円損したときの悲しみは、10万円得したときの喜びより4倍大きいんですよ。おんなじ10万円なのにね。失恋よりショックかもしれないですね(笑)。

 

kabugin9

 

―では最後に、株銀さんは今後も株取引、ブログを続けていく意向はございますか?

 

投資は運用額を減らして細々とやりたいと考えてます。本業の仕事も、もうちょっとで辞めようと思ってるんです。というのも、体力があるうちに「本当にしたいこと」をしたいんです。さっき言った海外旅行とかね。

ブログは続けたいとは思ってるんですけど、私は成功しているうちが華だと思うので(笑)。

あと3年くらいかな。アベノミクスが終わったら、株銀ブログもやめようと思っています。

ブログのタイトルも「アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?」なのでね。もし、やめた後も、続けて欲しいといってくれる読者の方がいたら、そのときは復活するかどうか考えます(笑)。

 

kabugin10

 

今回は、大人気投資ブロガー「株銀」さんに取材させていただきました!

 

株式投資で大成功を収め、“億り人”となった株銀さんの投資人生を余すところなく教えていただきました。現在では、なんと!1000銘柄以上保有されているとのこと!

 

ブログの勉強会では、具体的な保有銘柄や運用資産額などのお話もされておられるようです。

まずは株銀さんのブログをチェックしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

株銀ブログ「アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?」はコチラ

banarkabugin

 

 

The following two tabs change content below.

山本

総務部株式会社さくらインベスト
日々様々な新しいことに挑戦させていただき、勉強の毎日です。まだまだ未熟者ですが、読んでくださる方々に「為になった」と思っていただけるようなブログ執筆を心がけ、自身も成長して参ります。

最新記事 by 山本 (全て見る)